VEHICLE
LIFECYCLE
BLOCKCHAIN
VEHICLE
LIFECYCLE
BLOCKCHAIN
VLB Tokens
VEHICLE
LIFECYCLE
BLOCKCHAIN
JP
VLB Tokens
世界初のグローバルな
Vehicle Lifecycle Blockchain
11月27日 ICO開始
購読 ホワイトペーパー
CARFIXは、自動車ライフサイクル業界への新しいアプローチを創造しました。
保険会社
所有権登録
自動車
所有者
自動車
ディーラー
自動車
メーカー
OEM`s
銀行
クレーム・
マネジャー
自動車修理
1,090億ドル
スペアパーツ
2,600億ドル
自動車販売
6,290億ドル
自動車ローン
4,190億ドル
自動車保険
3,800億ドル
自動車ライフ
サイクル業界
現在、多くの自動車関連業界はばらばらに存在しています。Vehicle Lifecycle Blockchainの開発者であるCarFixは、それらを一つの自動車ライフサイクル・システムに統合していきます。
動画プレゼンテーション
オスカー・ハーマン
VLB共同創立者
オスカー・ハーマン
ハネス・チョプラ
パウロ・ナザロフ
ウラジミール・ルペンコ
アレクセイ・アキポフ
アーテム・シニコフ
Ico status
開始
2017年11月27日
12:00pm UTC
終了
2017年12月17日
12:00pm UTC
0 トークン 販売
0 ETH
200百万トークン
入手可能
ハードキャップ
300,000 ETH
ICO条件
ICO開始
ICO完了
早期VLBボーナス
1 ETH当たりのVLBトークン
ベース価格
1 ETH=650VLB
ICO期間
+30%/195 VLB
+30%/195 VLB
650 VLB
期間 1
5日間
+20%/130 VLB
+20%/130 VLB
650 VLB
期間 2
5日間
+10%/65 VLB
+10%/65 VLB
650 VLB
期間 3
5日間
650 VLB
期間 4
5日間
ICOの過程で、最大2億VLBがトークン購入者に販売されます。売却されなかったVLBトークンはすべて清算されます.
最少: 25,000 ETH ハードキャップ: 300,000 ETH.
トークン分配
最大2億 トークン販売
2,000万 ネットワーク拡充
1,000万 アドバイザー及びバウンティー
2,000万 プライベート
ユーティリティー・トークン型
イーサリアム ERC20標準

CARFIXとVEHICLE LIFECYCLE BLOCKCHAIN
Vehicle Lifecycle Blockchainは2段階で展開されます:
1 – Carfixの管理するエコシステム内での展開
2 – CarFix以外のマス市場への分散型展開
現在のCarFix ブロックチェーン概要
circul arrow hover
circul arrow hover
circul arrow hover
circul arrow hover
circul arrow hover
circul arrow hover
現在の
CarFix
CarFix
Repair shops
Distribution, OEMs
Car Owners
アイコンの上にカーソル
を載せると詳細が見れます
circul arrow hover
  • 運転・自己修理記録
  • 保険料算出制度を向上させるための記録
  • 自動車メンテナンス記録
  • 所有権記録
  • 抵当権記録
  • 損害を受けた車両の保険および保守記録
  • メンテナンス記録
  • 交通違反履歴
  • 納税履歴
  • 所有権履歴
  • 所有権記録
  • 修理・メンテナンス記録
  • 売買記録
  • 保証請求時のメンテナンス記録
  • 修理店及びディストリビューターの純正スペアパーツ在庫のリアルタイムデータ、通常修理料金設定
ロードマップ
circul arrow hover circul arrow hover
 
2016
2017
2018
2019
 
Operational
Blockchain
運用関連マイルストーン
2016 年 4 月
自動車修理業界を揺るがす取引プラットフォームとしてCarFix設立
2016 年8 月
3,000人の顧客と200の修理店が参加した「実証実験」実施
2016 年 12 月
CarFixプラットフォームがロシアで最大の自動車修理店チェーンとなる
2016 年 7 月
プラットフォーム構築と運用開始
2016 年 10 月
ラウンドA資金調達成功。 Mail.ruグループ、Kima Ventures、Solway Group、Foresight Capital、Similie Ventures
Operational
Blockchain
運用関連マイルストーン
2017 年 4 月
主要自動車ディーラーの参加
2017 年 6 月
ロシア最大の銀行および保険会社、世界の主要な車両管理会社との統合を開始
2017 年 7 月
米国市場への展開開始:CarFixプラットフォーム展開に必要な修理店、スペアパーツ・ディストリビューター、保険会社、自動車ディーラーのエコシステム開発をロサンゼルスと南フロリダにて展開
2017 年8 月
CarFixプラットフォーム上の15万の顧客、500の修理工場、第三者の代理店を経由して提供されるすべての主要なオリジナルおよび非オリジナルのスペアパーツ
2017 年 11 月
月間総売上高100万ドル、ICO
ブロックチェーン関連マイルストーン
2017 年 12 月
万全の体制の開発およびプログラミングチームを設置
Operational
Blockchain
運用関連マイルストーン
2018 年 3 月
CarFixプラットフォームの顧客数100万人、月間総売上1,000万ドル
2018 年 6 月
800-1,000の修理店、主要地域の保険会社とオートローン会社、大手自動車メーカーとそのディーラーネットワークのCarFixエコシステム実現と、既存の流通網を経由するすべての主要なOEMの供給、米国におけるフル稼働展開。
2018 年 12 月
月間総売上 $5,000万ドル
ブロックチェーン関連マイルストーン
2018 年 6 月
Vehicle Lifecycle Blockchain α版
2018 年 9 月
Vehicle Lifecycle Blockchain β版
2018 年 12 月
第一ステージ:CarFixエコシステム全体に Vehicle Lifecycle Blockchainを展開。
Operational
Blockchain
運用関連マイルストーン
ブロックチェーン関連マイルストーン
2019 年 1 月
第二ステージ:CarFix エコシステムを超えたブロックチェーンの展開を開始。どの市場のどの業界プレイヤーもVLBトークンを購入でき、CarFix開発のインターフェイス・ソフトウェアを通じてブロックチェーン上の取引にアクセスし、記録できるようになります。
チーム
オスカー・ハートマン、共同創立者

注目すべきスタートアップの経験:
KupiVIP(ロシアおよびCIS最大のオフショアファッション小売業者)、CarPrice(共同設立者)、Aktivo(共同設立者)、Similie Venture Partners - コンシューマーインターネットおよびデジタルメディアセクターの早期スタートアップ企業、新興市場におけるインベストメントファンド(共同設立者)、Lesara - ヨーロッパ最大のクロスボーダーeコマース会社(共同設立者)、Zaodno - 単一価格小売チェーン(共同設立者)

企業経験:
BMW(クアラルンプール、マレーシア)、ボストンコンサルティンググループ(モスクワ、ロシア)

教育:

  • WHU(ベルリン、ドイツ)
  • ハワイ大学MBA
ポール・ナザロフ、共同創立者

注目すべきスタートアップの経験:
AloeCure.com(共同創業者、事業開発担当)、FCG(共同設立者、トランザクションサービス、評価アドバイザリー)

企業経験:
マッコーリー・グループ(インフラ資金管理)、ムバダラ開発会社(ソブリン・ウェルス)、NRGキャピタル(中型プライベート・エクイティ)、ホーリヤン・ロケイ(中型投資銀行)

教育:

  • ニューヨーク大学Stern School of Business
ヴラディミール・ルペンコ、共同創立者

注目すべきスタートアップの経験:
FCG(共同設立者、マネージングパートナー)、CarPrice(共同設立者)、Aktivo(共同設立者、元CEO、不動産群集資金調達プラットフォーム)、Raketa(共同設立者、革新的な大衆市場ジムチェーン)

企業経験:
KPMG(取引アドバイザリー)。

教育:
  • プレカノ・フファイナンスアカデミー、ウィーン経済経営大学、ACCA認定、YPOメンバー
マキシム・マンツロフ、CTO
以前の経験:

プログラマー、ソフトウェア開発マネージャー、CTOとして17年以上の経験があります。 Lukoil、Rostelecom、Redmadrobotなどの著名なサードパーティ・ソフトウェア開発会社で勤務しました。 CTOとしての役割を担い、ロンドンのオンライン食品配送プラットフォームであるBringitの開発と立ち上げを担当しました。

教育:

  • カラシニコフ・イジェフスク州立工科大学
ソフトウェア開発チーム

平均8年の経験を持つ28人のプログラマー、デベロッパー、コンピュータ科学者のチームをMaxim Manturovが率いています。このチームは、CarFixの既存ビジネスのイノベーションと収益拡大の主要な推進要因となるソフトウェア・アプリケーション、プラットフォーム、および製品を構築します。

チームは、Java、HTML5、AJAX、WebServices、SOAP、REST、SQL、および様々なクラウド・コンピューティング技術を駆使して、製品とソリューションを設計および実装する広範な専門知識を持っています。このチームはさらに強化され、引き続きVehicle Lifecycle Blockchainのインターフェイス・ソフトウェアの開発に注力していきます。

ピーター・カルバート、ブロックチェーン開発チームリーダー
経験:

16年のプログラミングとシステムエンジニアリング経験を保有。 最も顕著な経験には、様々なブロックチェーン・パイロットと分散支払いシステムを開発したIBMサイエンス&テクノロジーセンターでの4年間の経験が含まれます。Qiwi Blockchain Technologiesチームのメンバーで、モスクワ州立大学の計算数学とサイバネティックスの学位と、ロシア科学アカデミーのシステムプログラミング研究所の大学院の学位を取得しています。

ブロックチェーン開発チーム

ブロックチェーンの開発は、ブロックチェーンと分散システムの主要な専門家チームによって行われます。チームの5人のデベロッパーを、Peter Kalambetが率います。

イリアス・タイツェノフ、ビジネス開発本部長

以前の経験:
BCG、Uber(ロシア)で、自動車サプライチェーンで経営コンサルティングサービスを提供し、ロシアの主要都市でUberビジネスモデルの供給サイドを開発しました。

デニス・タナエフ、製品開発責任者

以前の経験:
大企業における製品およびプロジェクト管理に幅広い経験を保有。Yandexでは、Yandex.MusicをロシアのNo.1オンライン音楽サービスに押し上げました。また、Ostrovok.ruとMail.ruで製品担当責任者を務め、オンラインホテルの予約サービスを担当。 ITプロジェクト管理責任者としての最近の役割では、すべてのバックオフィス・システムとフロントオフィス・システムの開発を担当しました。

マキシム・クルゾフ、CMO

以前の経験:
Gazprom、Sberbankなど世界の自動車ブランドとロシアの大企業と協力しています。 METRO Cash&Carryのデジタルおよび電子商取引マーケティング部門を率いる。

教育:

  • フィリップ学部ジャーナリズム学部卒業、国立高等研究所高等学校、電子商取引、インターネットプロジェクト管理
アレキサンダー・クチュロフ、販売責任者

以前の経験:
AutoMotoClub(ADAC、COOの子会社)。

教育:

  • ノボシビルスク州立大学経済学部、経済学高等ビジネススクール(MBA)
セルゲイ・ルーシン、オペレーション・オフィサー

以前の経験:
NRGキャピタル(ミッドマーケットプライベートエクイティ)、ハイキャピタル(メザニンファイナンスのロシアファンド)、X5リテールグループ(M&A部門)

教育:

  • モスクワ工学物理学研究所(MEPhI)、経済分析研究所、
  • ラネパ高等金融経営学校、
ハンネ・シャリプテラ・ショプラ、SBERBANK INSURANCEのCEO

保険業界で25年以上の経験を保有。

2014年10月9日以来、Sberbank Insuranceの最高経営責任者(CEO)を務めています。2012年から2014年にかけて、Sberbank Life Insuranceに就任しました。

Allianz SEのエグゼクティブ・バイスプレジデント、Allianz CISとAllianzユーラシアの社長を務めました。

また1996年1月から2011年までAllianz AGに勤務し、それ以前は、Allianz AG、ROSNO、Allianzユーラシア、CKW-Consultで上級管理職を務めました。

教育分野のエコノミストで、フライブルクのアルバート・ルートヴィヒ大学(Albert Ludwig University)の経済学修士号を取得しています。

セルゲイ・ソロニン、QIWI GROUPのCEO兼創業者

ロシアにおけるオンライン・ペイメント・サービスであるナスダック上場会社QIWIの創業者です。ロシアのBlockchain Academyの創設者であり、FintechとBlockchainベースのテクノロジーに焦点を当てたTarget Global Fintech Opportunities Fundの経営パートナーです。

Qiwi内ではQiwi Blockchain Technologiesという研究開発部門を立ち上げ、MasterChainと呼ばれる銀行セクター内の関係を合理化するために特別に調整された最初のブロックチェーンを作成しました。これは現在、ロシアの銀行部門に展開されています。

1996年にロシア金融アカデミーから経済学士号を取得。

イゴール・ペシン、Life SREDA

イゴールは、シンガポールに本社を置くグローバルなフィンテックに焦点を当てたベンチャーキャピタルファンドであるLife SREDA VC社のパートナーです。同社でライフサイクル全体にわたる投資に対して責任を負い、米国、ヨーロッパ、CIS、アジアなど、世界中で20以上の取引を実行しています。

Life SREDAによって投資された企業には、Simple Bank(金融グループBBVAに売却)、Moven, Fidor, Anthemis, SumUp, Allset, Rocketbank, Lenddoなど、フィンテック業界のベンチマーク企業が含まれます。

Sumup(ドイツ)、Allset(米国)、Fastacash(シンガポール)、SoftPay(ベトナム)、Scorista(ロシア)、Lenddo(米国)、Ayannah(フィリピン)、Mobikon(インド)、Yolopay(シンガポール)における役員/諮問委員。

イゴールは、5年間の経営コンサルタントおよびM&A(Strategy Partners Group、KPMG、JFK SystemでのITビジネス)経験と、4年間のイーコマースおよびテック関連の連続起業経験を持ちます。

イゴールは、SKOLKOVO(米国、中国、ロシア)の経営、財務、投資のMBAプログラム、MIT Sloan(米国)のアントレプレナーシップおよびイノベーション・エグゼクティブプログラムを経て、Higher School of Economics(ロシア)の数学及び経済学の学位を保有しています。

アレクセイ・アーキホフ、QIWIのCRYPTO-TECHNOLOGIESのディレクター

Alexey Arkhipovは、ロシアのITおよび決済市場の思想的指導者であり、金融業界のさまざまな分散システムの革新をリードする8年以上のエグゼクティブレベルの経験を持つ先駆的な技術者です。2014年以来、Qiwi Blockchain TechnologiesのCTOとしてブロックチェーンのR&Dに専念してきました。

2017年には、FinTech AssociationのDistributed Ledger Technology部門の責任者に任命されました。

この組織は、主要なロシアの銀行や金融会社を統括しています。現在は、ロシア初のDLTプラットフォームMasterchainの技術開発をリードしています。

モスクワ工科大学工学部卒(2006年)。

David Drake, Founder and Chairman of LDJ Capital
Previous experience:

デビッド・ドレイクと彼のファミリーオフィスLDJキャピタルとそのパートナーは、ファンド・オブ・ファンズ、不動産ファンド、ベンチャー・キャピタル・ファンド、シード・ファンド、デット・ファンド、ヘッジ・ファンドのGPそして投資家として活動してきています。ドレイクのLDJキャピタルにおける投資およびプライベート・エクイティ・アドバイザリーには現在、50以上のグローバル・ディレクターとファミリーオフィスのパートナーがあり、1兆5,000億ドルの資産を保有する機関やファミリーオフィスとの関係を維持しています。

ドレイクはテクノロジー、メディア、テレコム、不動産、ホスピタリティ、クリーンテック、エネルギー、社会インパクト投資に25年以上携わってきました。彼は、プライベート・エクイティ、コンプライアンス、資本形成政策、そして米国議会とEU委員会のためにロビー活動をしたUS JOBS Actに対するデジタル・オートメーション投資の提唱者です。この分野での彼の際立った業績により、2012年にブリュッセルとローマのEU委員会で米国商務省を代表し、ワシントンDCのWhite House Champions of Change表彰式に招待され、2013年の英国議会のスピーカーとしても招かれました。

ドレイクは、Moeda、Polymath、Ambrosus、ICObox、Opskins、BlockV、LAToken、Propy、DOVU、SwarmのICOボード・アドバイザーの経験を持っています。

スウェーデンで生まれ、六ヶ国語に堪能なドレイクは、ジョージ・ワシントン大学の国際法と経済学の修士号を保有し、その学業成績のためにウォーレンバーグ奨学金を授与されました。

アーテム・シニコフ、FINANCIAL CONSULTING GROUPのパートナー

FCGのVC部門を率い、過去12年間に1,000以上のプロジェクトをリードしてきました。FCGの最も著名なビジネスラインのスタートアップ・アドバイザリーサービスを支えるメインプレイヤーです。

そのリーダーシップと指導の下で、20以上の新興企業が立ち上がりましたが、その中で最も挑戦的な開発段階で深くかかわっています。

最近では、これらのサービスをブロックチェーン・プラットフォーム構築に関してハイテク企業に勧めるように拡張しました。FCGのICO関連サービスの顧問に任命されており、ICOクライアントとして、VLBトークンに加えて、共有経済圏における暗号マイニング企業、物流プロバイダー、企業が含まれます。

サイバネティックス、情報システムと暗号を専攻してモスクワ工学物理学院(MEPhI)を卒業。

エルヴィラ・ツルヴィ、Magnussonのパートナー

エストニア弁護士協会所属の弁護士で、フィンテック、企業・行政法、コンサルティングおよび訴訟分野で経験を積んでいます。 ICO経験として、PolybiusとMothership Foundationが含まれます。エストニアの銀行業界および規制当局と協力して、変換メカニズムを要約するための暗号通貨を律する健全な法律を策定する最前線に立っています。

顧客のほとんどは、ビジネスの段階を問わない多様な企業と、富の構造化に関心を持つ個人です。

彼女は、効率性、リスクの最小化、規制の遵守、パートナーと国家とのコミュニケーションという分野で、顧客のビジネス構造の改善について助言します。また立法案の作成、当局との交渉、そしてロビー活動に従事しています。さらに、武力紛争と人権の法律を扱ってきています。

教育:米国海軍アカデミー、タルトゥ大学

メディア掲載
パートナー
FAQ
VLBトークンとは何ですか?

VLBトークンは、イーサリアム ERC20プロトコルに基づくユーティリティ・トークンです。VLBトークンは、保険会社、オートローン会社、自動車ディーラー、修理店、OEM会社、自動車バイヤーがVehicle Lifecycle Blockchainにアクセスして取引を記録するために使用されます。

なぜVLBトークンが「ユーティリティ・トークン」であることが重要なのですか?

トークンまたはコインには、1)暗号通貨、2)ユーティリティ・トークン、および3)セキュリティ・トークンの3種類があります。

ユーティリティ・トークンは、ブロックチェーン技術に基づいてサービスへのアクセス制限を解除するための「鍵」です。たとえば、ユーティリティ・トークンを使用してブロックチェーンに取引を記録したり、ソフトウェアへのアクセスを取得したり、また、そのユーティリティー・トークンが販売されて開発・構築された製品またはサービスを購入することもできます。

ユーティリティ・トークンは、暗号通貨トークンとセキュリティ・トークンとはまったく異なります。暗号通貨トークンはビットコインのようなデジタル通貨で、通貨ユニットの生成を制御し、資金の移転を確認するために暗号化技術が使用されています。

セキュリティ・トークンは、保有者が事業の株式、プロジェクトからのキャッシュフロー、構造化された金融商品からの所定の収益プロファイル、およびトークン・プロモーターの事業活動その他の手段から得た権利の集合を表します。

米国証券取引委員会(US SEC)によると、Howeyテストに合格できないトークンは、1934年証券取引所法の下で有価証券とみなされるべきとされています。 これらのトークンの基本的な経済的相違は、世界中の各国の規制当局によって課される可能性のある規制レベルです。「システムへのアクセス権やシステムのライセンシング権(および)そのシステムと出力物を使用する権利を与えるユーティリティ・トークンは、有価証券の定義を満たしていません」(2016年12月5日、Debevois&Plimpton『ブロックチェーン・トークンのセキュリティ法分析』)

Vehicle Lifecycle Blockchainはどのように分散化されていますか?

Vehicle Lifecycle Blockchainは分散化され配置されます。分散化を達成するためには、ブロックチェーンにアクセスして取引を記録する業界参加者の数を最大化する必要があります。

私たちは2段階でブロックチェーンを展開し、分散化を図ります。ブロックチェーン展開の第一ステップでは、ブロックチェーン・ユーザーがクリティカルマスに到達することを確実にする開発者の役割を果たし、その次にブロックチェーンがCarFixエコシステムを超えて採用される第二ステップに進みます。詳細についてはホワイトペーパーを参照してください。

いくつのVLBトークンが発行されますか?後に追加で発行されますか?

2億5千万VLBトークンが発行され、そのうち2億はICO中に販売されます。追加発行はありません。ICO期間中に販売されないすべてのVLBトークンは清算されます。

VLBトークンはどのように使用されますか?

VLBトークンは、支払参加者がブロックチェーンに取引を記録するために使用され、それぞれのビジネスにその便益が使用されます。

誰がVLBトークンの需要を生み出しますか?

Vehicle Lifecycle Blockchainは幅広い自動車業界参加者にとって重要な価値を生み出します。支払参加者は、VLBトークンの需要を生み出し、仮想通貨取引所を通じて購入します。

  • 車両の所有者(「非支払参加者」、ただし車両を購入する場合は「支払参加者」)
  • 法人車両管理会社(「非支払参加者」、ただし車両を購入する場合は「支払参加者」)
  • 自動車修理店(「支払参加者」)
  • スペアパーツ生産者(OEM)とディストリビューター(「支払参加者」)
  • 自動車メーカー(「支払参加者」)
  • 保険会社(「支払参加者」)
  • オートローン会社(「支払参加者」)
  • 所有権記録を維持し、排出水準およびその他の技術的要件を規制する政府機関(「非支払参加者」)

VLBトークンはどのように評価されますか?

VLBトークンは、業界参加者の間でのVehicle Lifecycle Blockchain拡大規模によって支えられる需要レベルに基づいて評価されます。このような需要は、システムを通じてVLBトークンの取引高を押し上げるでしょう。ただし、VLBトークンのProof-of-Stakeノードへの支払いは支払参加者の取引費用を表すため、VLBトークンの評価は支払参加者の最大受入れ可能レベルで平準化されます。

Vehicle Lifecycle Blockchainのブロックはどのように作成されますか?

ブロックチェーン展開の第一ステージでは、CarFixはネットワーク開発用に留保されたトークンのプールから、そのエコシステム内の支払参加者にVLBトークンを提供します。これらのVLBトークンは、ブロックチェーンにブロックを鋳造するための支払いに使用されます。 当初、CarFixはProof-of-Stakeノードの役割を果たします。第一ステージにおいてVehicle Lifecycle Blockchainがクリティカル浸透レベルに達すると、Proof-of-Stakeは適格なPoSノードに分散化されます。

VLBトークンを購入するための支払方法として、どの暗号化通貨を受け入れますか?

私たちはEther(ETH)を受け入れます。 Ether Walletをお持ちでない場合は、www.myetherwallet.comで設定してください。数分で設定できます。

ホワイトペーパーと利用規約をお読みください
知っておくこと全て
Subscribe